走り革命理論とは

『走り革命理論』とは、短距離を速く走るために必要な「スプリントテクニック」の習得にフォーカスした独自のメソッドです。

もう少し易しく、私たちの表現で言うと「今まで誰も教えてくれなかった、絶対に足が速くなるテクニック」ということになります。

少し大げさに感じられるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

「絶対に足が速くなる」と言い切るには、それなりの根拠があるのです。

日本中の、いや、もしかすると世界中の、速く走ろうとする人のほとんどは間違った走り方をしています。どういうことでしょうか?

走りには「ランニング」と「スプリント」の2種類があり、長い距離を移動するランニングと、短い距離を速く走るスプリントは、そもそも走り方が違うのです。でも、その大切なことに99%の人は気づいていません。

短距離走は、本来、バネの力を利用したスプリントテクニックで走らなければならないのに、みんな「速いランニング」をしようとしているのです。

実際、プロ野球の盗塁王も、サッカーの快速ドリブラーも、足が速いとされるトップアスリートですら、残念ながらスプリントテクニックを用いて走っている人はほとんどいません。それができているのは陸上競技の短距離の選手だけ、そう言っても過言ではないでしょう。

だから、速く走ろうとする人がスプリントテクニックを習得すれば絶対に足は速くなる、というわけです。

陸上競技関係者には「そんなの常識だ」と叱られるかもしれません。

でも、専門の方々には当たり前のことが、一般人にとっては「まったく知らなかった」ということは、どの分野でもよくあることです。

そして、誰かがそれを言い出さなければ、本当の意味での常識にはなりません。

だから『走り革命理論』は、誰にでもわかる言葉と、理にかなったテクニックで、それを伝えることを始めました。

速く走りたい全ての人の足を速くして、足は速くなるということを常識にするためです。

 

そう、足の速さは才能ではないのです。

メッセージ

子どもの頃、足が速い子はクラスの人気者でした。

「運動会の徒競走で1位になりたい」「リレーの選手に選ばれたい」、それは多くの子どもたちに共通する目標の一つだったように思います。

でも、どんなに一生懸命走っても徒競走の順位は上がらず、やがて「足が遅い」というコンプレックスから、だんだん自分に自信が持てなくなっていく…。そんな苦い思い出がある方も、少なくないのではないでしょうか。

そこで、あの頃のことをちょっと思い出してみてください。「もっと速く走りたい」と思ったあなたは、どんな練習をしましたか? そもそも速く走る前に、走り方を1から教えてくれる人はいましたか?

僕たちは何かを習得しようとする時、簡単なことから難しいことへ、だんだんレベルアップしていくやり方を様々なことで経験しています。算数だったら「1+1」から、国語だったら「ひらがな」から、水泳だったら「水に浮く」から。

でも、こと走りに関しては、基礎を学んだ記憶がないという人がほとんど。そう、僕たちは走りの「1+1」すら習うことなく(本格的に陸上競技を始めた子は別として)、毎年、運動会で競走していたのです。

だから、みんな結果を才能のせいにして、「いいな、あの子は足が速くて」と簡単に諦めるようになるのです。

走ることが苦手だった僕も、自分には速く走る才能がないと決め付けていました。

でも、今は断言できます。それは単なる思い込みだったんです。

速く走れないのは才能がないからじゃない。走り方が間違っているからなんです。

この『走り革命理論』は、今まで誰も教えてくれなかった、絶対に足が速くなるテクニックを1から学べるプログラムです。習得すれば、あなたの足は速くなります。

そこで「足は速くなる」ということを実感したあなたは、その成功体験をきっと誰かに伝えてくれることでしょう。

そして、走り革命の輪は日本中に、そして世界中に広がり、夢に向かって一歩を踏み出す子どもたちが増えることを心から祈っています。

 

速く走りたい全ての人の足を、絶対に速くする。

それが僕の決意です。

 

 

和田賢一

プロフィール

和田賢一

1987年12月8日生、東京都出身。
日大鶴ヶ丘高校~日本大学文理学部体育学科卒。
ライフセービング競技の一つ、ビーチフラッグスで全日本選手権優勝3回(2014~16)、全日本種目別選手権優勝4回(2014~15/2017~18)。
 
子どもの頃からプロ野球選手になることを夢見、高校は甲子園を目指して都内の強豪校へ。しかし、イップスと呼ばれる運動障害によって思うようにボールが投げられなくなり、突然、夢を絶たれる。
大学ではスポーツで世界一になることを目標に掲げ、様々な競技に挑戦。がむしゃらに挑み続けたが、そこでも挫折は繰り返された。

その後、スポーツトレーナーの勉強に励む中、ライフセービングと運命的な出会いを果たし、ビーチフラッグスという競技を始めてわずか4年で日本一に。
それから本場・オーストラリアに渡ると、伝説の世界王者のもとで武者修行に励み、半年後、世界最高峰の大会とされる全豪選手権で準優勝。日本人初の快挙だったが、夢の「世界一」にはわずかに届かなかった。


以来、さらなる走力アップのために思いつく限りのことを試したが、何をやっても足は速くならず。こうなったら世界一速い人と一緒に練習させてもらうしかないと、「ボルト選手の連絡先を知っている人がいたら教えてください」とSNSで投稿。

それがきっかけでウサイン・ボルト選手の所属するクラブの関係者とつながり、ダメ元で連絡してみたところ、奇跡的に練習参加を認めてもらえることに。

訪れたジャマイカでは、ボルト選手らとともに「冗談抜きに死ぬかと思った」と振り返る厳しい練習メニューを毎日こなしていたが、そんなある日、チームメイトから「なんでお前はマラソンランナーみたいに走るんだ?」と言われ、ハッとさせられる。

日本語ではどんな走りも「走り」だが、英語で走りを意味する単語には「ランニング」と「スプリント」の2種類がある。そして彼らのような短距離選手は「ランナー」ではなく「スプリンター」。その気づきが大きなターニングポイントとなった。

ランニングとスプリントは、いったいどのように走り方が違うのか?

それからは相変わらずのハードなメニューをこなしながら、ボルト選手をはじめとする世界のトップスプリンターたちの走りを徹底的に観察した。

そして、自分のような素人が速く走ろうとする時、無意識のうちに「速いランニング」になっているのに対し、スプリンターは明らかにそれとは違う「バネの力を利用したスプリントテクニック」で走っていることを発見する。

さらにその本質的な違いを言語化し、陸上競技経験のない自分が身に付けるための試行錯誤を重ねた結果、ジャマイカで過ごしたわずか3ヶ月間で、100mのタイムを11秒8から10秒8まで、一気に1秒も短縮することに成功した。

帰国後はライフセーバーとして活動する傍ら、スプリントテクニックの習得にフォーカスしたメソッドを構築し、それを体系化させた「走り革命理論」の普及に取り組んでいる。

マスタートレーナー
野口勝成

1992年4月23日生、東京都出身
東海大学附属浦安高校〜東海大学体育学部競技スポーツ学科卒。
『走り革命理論』マスタートレーナー。
 
4歳から水泳を始め、高校3年の夏まで競技を続けるも、目立った成績は残せずに引退。
将来はスポーツに携わりたいという思いから、大学は体育学部に入学する。

1年の冬、友人にビーチフラッグスの映像を見せられ、その日のうちに野球サークルを辞め、ライフセービング部に入部。
ビーチフラッグスですぐに頭角を現し、競技歴わずか1年で日本選手権入賞。翌年には本場・オーストラリアのクイーンズランド州大会でも入賞を果たす。

大学4年になると、より高いレベルで競技を追求するため、大学のライフセービング部を退部。和田賢一をはじめとする多くのトップ選手が所属する式根島ライフセービングクラブへ移籍。
2017年、全日本種目別選手権で初の表彰台に上がると、同じ年、世界最高峰の全豪選手権で日本人史上6人目の決勝進出を果たす。

2018年には全日本選手権で準優勝。強化指定選手(日本代表候補)入りし、世界大会での優勝を目指して活動中。

また、大学でコーチング学を専攻した野口は、『走り革命理論』の指導者としても定評があり、これまでJリーガーやプロ野球選手など多くのトップアスリートを指導してきた。

和田賢一からも全幅の信頼を寄せられ、現在はマスタートレーナーとして指導者の育成にも当たっている。


お問い合わせ

走り革命理論へのお問い合わせは下記フォームよりお願いいたします
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信する
お問い合わせが完了いたしますと、確認用の自動返信メールを送信いたします。メールが届かない場合は以下の項目をご覧ください。

ご入力のメールアドレスに誤りがあった場合
メールアドレスをご確認の上、お問い合わせフォームより再度お問い合わせをお願いいたします。

ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトをご利用の場合
迷惑メールフォルダや削除済みアイテム等にメールが届いていないかご確認をお願いいたします。


お問い合わせに関する注意事項

  • ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの回答のために使用します。
  • 個人情報を正しくご記入いただけない場合やお問い合わせ内容によっては、回答できない場合がございます。
  • お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合がございます。
  • 回答はお客様個人宛に送るものですので、転載・転送等の二次利用は固くお断りいたします。